FC2ブログ

風神   ~フーテンのスケ

風の赴くままに・・・  

プロフィール

すけぴ~

Author:すけぴ~
1985年 12月25日生まれ!!クリスマスぅ~~

性別 オス
東京都出身
現在は埼玉県在住

独身

写真と旅が趣味のすけぴ~です!

みんなが笑ってくれるようなおバカ写真を撮りたい!!!
人が真似しないようなことに挑戦したい!!!

こんなバカなことやってっから彼女が出来ない!!!

それでもすけぴ~は・・・
気まぐれ街道突っ走るぜ!!!!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

風神・・・里山へ  鎌北湖~顔振峠~黒山三滝(ピストン) 第1話

2012.08.05

category : 2012年6月~    風神・・・低山武者修行編

風神・・・里山へ

God of the wind ... To a natural woodland









2012年  6月10日
鎌北湖~顔振峠~黒山三滝(ピストン)



第1話



















2012年 2月26日・・・


両神山!!
両神山リベンジ 34

全ての始まりはここからでした・・・両神山登頂から僕は山岳フォトグラファーになりたい!!
という目標ができました。
この時は登山靴のみでアイゼンも持っていないような軽装備で登るという無謀な山行でした。








その後も残雪の秩父の山を登りました。
とにかく山に行きたい!!


城峯山・武甲山・大持山・子持山・・・




この間に日帰りの最低限の装備を揃えていきました!!
ザック  ゴアテックスの上下  アンダーウエア等・・・












2012年 4月1日 
雲取山!!

2012年 4月1日 雲取山 36

途中からひたすら凍っている登山道をアイゼンなしで無理矢理突破!!
一回転んで落っこちそうになりました・・・











雲取山で痛い目にあって初めて買った軽アイゼン・・・(6本爪)


ショップの店員さんから色々教わりました。
アイゼンの装着の仕方や、6本アイゼンで登れるレベルの山のこと・・・
「秩父の山は6本で大丈夫です!! 八ヶ岳で8~10本、北アルプスで10~12本といったところです。」







「そっかぁ~ 秩父は6本爪で大丈夫なんだァ??」

そしてすけぴ~の選んだ山は・・・














奥秩父山塊  金峰山(山梨・長野)

2012年 4月7日 金峰山 37


2012年 4月7日 金峰山 41


2012年 4月7日 金峰山 48



何でやねん((((;゚Д゚))))

奥秩父って言うから秩父に毛が生えたもんだろって思っていたのが間違いでした・・・
ここは景色は絶景だったけど、ホント怖かったね~~










さらにすけぴ~の飛び級的な登山の暴走は止まりません!!















南アルプス 鳳凰山

2012年 4月30日 南アルプス 38

2012年 4月30日 南アルプス 42


ついにアルプスデビューしました。













さらに調子に乗るすけぴ~は・・・・














北アルプス 燕岳
2012年 5月5日 北アルプス燕岳 14




2012年 5月5日 北アルプス燕岳 30

ついに北アルプスまで行っちゃった・・・













そして2012年 5月20日・・・
甲武信ヶ岳での夜中の山行!!


2012  5 20  甲武信岳 4

登りは全て夜中・・・つまり暗闇の山行により登頂しました。













ここまで来れたのは僕だけの力だけではありません。





装備購入の時わからないことは店員さんに聞くし・・・

金峰山で出会った3人組・・・

燕岳で出会った4人組・・・

甲武信ヶ岳で出会ったオッチャン・・・
















そして一番教えてもらっているのが・・・

僕が師匠と呼んでいる女性なんです。










って言っても実は師匠と会ったことないんです。
メールだけの関係・・・
登山デビューしたとき僕は本格的に登山をやっている知り合いがいませんでした。
なので知り合いが欲しくネットやサイトなどを見ていて、何となく絡みやすそうだなぁ~と思ってメールしたのがきっかけです。






ちなみに付き合いは一番最初の両神山からなんです!!
な~んにも登山のことわからないで、何から覚えればいいかわからない僕に多くのことを教えてくれます。
彼女も僕と同じ独学で、山で出会った人から話を聞いたりして覚えたらしいです。





師匠がどれくらいのレベルかというと・・・僕なんかが語るのが失礼なくらいすごい人です。
ちなみに厳冬期の北アに単独で行くような人です。




彼女が行った山の絶景写真をメールで送って頂いたりしていますが・・・
唖然とするほどの景色です!!

「いつか俺も・・・」

僕が登山を始めたのは今年の2月・・・
このわずかな短期間で急成長できたのは山で知り合った人達や、経験者からの教えがあったからだと思います。













ですがここで一息いれます!!
登る山のレベルを一気に下げたいと思います。













甲武信ヶ岳で出会ったオッチャンからは・・・
「まだこういう山は早いんじゃない!?里山から始めても遅くないよ??」」









そして師匠から毎度のように言われることがあります。
「焦る気持ちはわかる!!私がそうだったから・・・ でも君はまだ若い!! 焦らなくても山は逃げない!!」





師匠は何度も無茶をして何度も死にかけているらしいです。
その経験を今の若い人たちにして欲しくない、だから無謀な挑戦をする人たちをほっとけない。
何度も②言われ、時に注意や叱られることもあります。



甲武信ヶ岳での夜中の山行も現時点ではやめなさいと注意されました・・・













「もう一度・・・初心に戻って一から学んでいこう!!」


そう思いました。
焦らなくても山は逃げたりしない!!
一つずつ順番に学んで行こう!!









「急がば回れ」

これも師匠からの言葉です。
経験者の言葉だからこそ重みがあります・・・











そして問題はそれだけではありません。


あと一年間は車のローンが残ってて資金的に苦しいので装備を買い揃えたり、遠くの山に行くガソリン代も用意できません(T_T)

ってことで・・・











これより約一年間は近場の里山もしくは低山を中心に活動していきます!!




山に行かない休日も無駄にはしません!!

勉強もしなくてはなりません。









天気や地形のこと、写真を撮るなら植物のことも学びたい!!
僕は人よりも覚えが悪いから・・・とにかく時間はかかるだろうけど(T_T)








急がば回れ!!

その心を忘れずに頑張りたいと思います。











そして最初に選んだ里山は・・・






奥武蔵  顔振峠です


第2話に続く


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry

Copyright ©風神   ~フーテンのスケ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。